ジェラート

スチトトで夜を迎えるのは今日が最後。
名残惜しいといったら嘘になるけど、すてきな街だった。
ということで、スチトトでの思い出に浸ってみる。

スチトトでの心の友。
孤独なとき、そわそわするとき、なんとなく口寂しいとき、
心を満たしてくれたジェラート。
一口、もう一口とジェラートがなくなるにつれて、
どれだけ切なくなったことか。
スチトトで最も幸せな瞬間。心躍るひととき。
街の中心にある教会の前にある。シングルは¢90〜。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お次は、同期が滞在してるホテルの食事。
ホテルは学校のすぐ横で、登校時間である8時には、
ぎりぎりに出ても間に合うんじゃないかという立地。
管理人のEdiさんが作る料理はどれも美味しく、ほっとする味。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後は、一番お世話になったホームステイ先のMartaさん。
本当に優しくて、愛に溢れたお母さん。
毎朝、毎晩食事を用意してもらい、
1週間に一度新しいシーツや枕カバーに身を埋めることができたのも
すべてお母さんたちのおかげ。
その他、カトリックのミサや、近所の演劇学校への見学、
スチトトにあるNGOを紹介してくれたり。
公立病院の看護師長をされてて、正義感の強いお方。
お世話になりました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA左がMarta母さん。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA自室の鍵。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA6畳弱ほどの離れの部屋。干渉されることもなく、完全なプライベート空間。リビングには有線のインターネットもあり、図々しく使わせてもらいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAシャワーはお湯が出ないので、水で。トイレは水圧の関係で紙は流さず、ゴミ箱に捨てる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA洗濯は手洗い。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA乾燥はお日さまで。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA家族は信仰深いカトリック教徒。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA庭に面したオープンキッチン&ダイニング。

たった1ヶ月弱だけど、素敵な街だったな。スチトト。
今は、スペイン語で考えてることの5分の1くらいしか言えないけど、
5分の4くらいになったら、そのときにまた戻って来たい。

日本を離れて縁もゆかりもない国で、
知らない人の家に住むという初めての体験は、異文化を全身で感じられる貴重なものだった。

ふと気付けば隣の子猫がリビングを歩いてたり、
毎日のように番犬として飼ってる犬が柵を開けて入って来たり。
土日は朝からお父さんを筆頭にテレビドラマをずーっと見てたり、
三軒先にも地響きで聞こえるんじゃないかというほど大音量でラジオを聞いてたり
(実際、近所のお家がよく大音量で音楽を流してるので、朝から晩までにぎやか)。
毎晩のように夕食はププサだったり(エルサルではこういう家庭が結構あるらしい)。
「今、なぜこの人たちと寝食を共にしてるんだろう?」という謎はしばしばあったが、
縁があったからこそ。

出会って、別れて、また出会って。
その繰り返し。
人の出会いも、シャッターチャンスも一期一会だから、
いつもアンテナを高くして、そのときに備えておこう。

仕事

エルサルバドルへ行かれた際は、
おみやげにコーヒー、藍染めのハンカチ、そして葉巻はいかがでしょうか。

スチトトでも葉巻を作っている小さなお家があり、
授業の一環で見学にいってきた。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA御歳91歳の葉巻職人おばあちゃん。葉巻を作り続けて77年だそう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA日に150〜200本ほど巻くそう。昔は500本くらい巻いていたらしい。仕事で葉巻を扱っているが、自分では吸わないそう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA葉巻にするタバコの葉。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA作ってみる?とのことで、葉巻まきまき体験。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAご飯で出来た糊。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAタバコの葉は、天日干ししてから使う。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA小さいサイズは1パック$1.5、大きいサイズは$3だ。いずれも25本入り1パックで売られているそう。写真の葉巻は小さいサイズのもの。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAお家の奥には、他の職人さんの作業場も。

一つの仕事を続けることは、すごく大変なことだと思う。
仕事や仕事で出会う人間関係を通して知る自分自身。
いかにそれと向かい合って、乗り越えていくか。

協力隊から帰ったら、私もそんな仕事に就きたいもの。

お好みオムレツ

さて、今日はお世話になったホームステイ先の家族のために、
日本食を作ろうとおもいます。
今のスーツケースに入ってる日本の食材は、インスタントみそ汁とほんだしだけ。

同期の友達が、ほんだしを使ってお好み焼きを作って大好評だった
というニュースに刺激を受け、わたしもお好み焼きにチャレンジ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA材料はこちら。小麦粉(は売ってるらしい)が入手できなかったので、トウモロコシでできたププサの粉で代用。長ネギもないので、玉葱の緑の部分を使うことに。イモみたいなやつは、ユカというイモの仲間。長芋のネバネバ感を出すために、すり下ろして使う。あと写真には写ってないけど、豚肉と玉子を使用。
残念ながら、マヨネーズやおたふくソースは売ってません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA豚肉のブロックを小さく切ります…ってこんなナイフじゃとてもキレナイヨー!ぎこぎこ、のこぎりみたいにしてやっと一口サイズに。豚バラをイメージしたのだが…。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAさ、材料を混ぜていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA豚肉は火が通りにくいので、あらかじめささっと炒めておく。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA塩とこちらのスパイス。マスタードのしょっぱいバージョンみたいな味。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAなるべく薄〜くフライパンに長し入れるつもりが、もりもり盛りだくさんになってしまった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAなかなか火が通らないので、蒸し焼きに。嫌な予感だ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAあちゃー、完全に失敗だ。お母さんにどんな顔すればいいのかしら。。。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAお母さん、登場。油が少し足りないのかもねと、たっぷりのバターで再度挑戦(お母さんが)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAオムレツ風になりました〜。バターで焼くという発想はなかったんだけど、こちらの人には好評のよう。

うーん、難しい。
ちゃんとした材料で作らないと、
ちゃんとしたお好み焼きにはならないという実証実験、大成功でした。

何事も挑戦。
やってみると思わぬ出会いがあって、そこからまた派生して新しいものと出会ったりする。

今まで用意してくれた料理をただ食べるだけだったけど、
自分で作ろうと思ったら、なんだかすごく楽しかった。

ププサの粉や野菜の買い物も初めてしたし、
使い勝手が分からない台所で準備するのもなんだかワクワクしたし。
本来のお好み焼きとは全然違うものになったけど、
家族はおいしいよーって食べてくれたし。
たかが料理するだけでも、充実した一日になった。

自分から「これ、やってみよう」ということは、
こんなにも楽しいんだなぁ。
最近、現地の人と積極的に関わろうとしてなかったけど、
ちょっと扉を開くだけでこんなに世界が広がるんだなぁとプチ感動。

一日一回、「ちょっとだけ」心の扉をえいっと開いてみる試みを
今後のテーマにしよう。
自分の中にある壁なんて、自分が勝手に作ってる
「めんどうくさい」「失敗したら嫌だ」という弱い心からくるものなのだから。

世間話

週末の朝は、ホームステイ先のママが市場に行こうと誘ってくれたので、
ちょっくら市場へ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAお肉屋さん。日本のように、きれいにスライスされて薔薇のようにデコレーションされてるなんてもってのほか、部位を指名し、その場で豪快に指定の厚さに裁いてくれる。大体厚切り。「薄く」と指定しても、トンカツにするロースくらいの厚さになる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA八百屋さんコーナー。どの店も大体同じものを売ってる。「差別化」という言葉はないに等しい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA魚屋さん。大きなザルに魚をならべ、時々塩水のようなものをパパッとかけて鮮度を維持。暑い上に冷房がないから、あたりは魚臭がふわぁっと広がる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA小エビ、時々カニ・干物のお店。お母さんもエビカラーでやる気マンマン。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA通路まで所狭しとお店がある。

スチトトの中心にある新しく出来たばかりの市場。
先日のランチのついでに見て来たからさほど感動はなかったんだけども、
現地の人とお話しながら買い物するという点では初めての試み。
もちろん話すのは私ではなく、ママ。

何ヶ月先かわからないけど、くだらない世間話でもして
笑いながら買い物できる日がくるといいなぁ。
そんな日常生活を送るのが、いまの小さな夢なのでした。

きれいな街

授業の一環で、スチトトのゴミ集積所にいってきた。

そこはコンポストが隣接する集積所で、
近づくにつれて、酸っぱい臭いに思わず鼻を覆いたくなった。
といっても、今後約2年間は一番身近な存在になるであろう「ゴミ集積所」と「コンポスト」。
そんなことは言ってられません。

コンポストとは、生ゴミを肥料にする土のことで、
温度、湿度など、気候によって条件は違うものの3日〜6ヶ月で
生ゴミが肥料になるというものだ。

コンポストで作られた肥料は、化学肥料と違って100%オーガニックで、
地球にも、人体にも、お財布にも優しい粋なヤツ。
これを各家庭で使えば、紙などの燃えるゴミと
ペットボトルなどの燃えないゴミの分別もしやすくなる。
さらに、家庭に野菜庭園、色鮮やかな花々や植物が増えれば、
心にもパァっと華が咲くのではないかと思うのだ。

でも、日本に暮らしていたとき、私自身コンポストを自分の家に作ろうとは思わなかった。
仕事として取り組む意識がないと、コンポストを取り入れるのは難しいのかも。
かつての私のように、興味がない人にいかに興味を持ってもらえるか。

例えば、ゴミで発電できるとか、美容に良いとか、ダイエットに効くとか…。
どんなに世の中が便利になっても変わらない価値観があると思うのだが、
その価値観を刺激するところに、コンポストやゴミ分別のメリットがあればなぁ。
道徳観や美意識だけではなく、もっと生活に密着したところでメリットがないと、
なかなか普及しないだろう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAゴミ集積所の入り口。「ようこそ」って書いてある。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAあたり一面、ゴミだらけ。異臭が漂う。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA集積所のおじさんたちが聴くラジオはソーラー発電で。エコだなぁ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA前方に見えるのが、コンポストの山。スチトト中から集めたゴミで作っている。スチトトはエルサルバドルの中でも環境に力を入れている都市で、収集するゴミを紙等の有機ゴミ、プラなどの不燃ゴミに分けて収集している。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA有機ゴミのなかに、2割ほどはビンなどの不燃ゴミが混ざる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA説明してくれた市役所の方。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA一面、ゴミ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA不燃ゴミはこちらに溜めるそう。土に返るまで500年かかるとか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAコンポストから出来た有機肥料。アメリカに、1袋$3.5で売るらしい。なんていうコストパフォーマンスでしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA地球にやさしい肥料。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAこちらの巨大な網で分解されなかった大きいゴミを取り除く。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAプラごみはリサイクルされるのかと思いきや、リサイクル業者がいないとか。隣のグアテマラに持っていくらしい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA「子供たちをきれいな街で育てたい」というのは、いつの時代も変わらない。

¡Cumpleaños Feliz!

今日は、同期の誕生日。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA¡Cumpleaños Feliz!(お誕生日、おめでとう!)。語学学校は、朝からお祝いムード。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA語学学校のスタッフが、近所のケーキ屋さんで注文してくれた、日本ではあまり目にしないカラフルなデコレーション。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA誕生日は、「Piñata(ピニャータ)」という新聞紙でつくった人形を目隠しして棒でたたくのがこちらの風習。もともとはメキシコ発祥の文化で、キリスト教と深い関係があるらしい。ご近所のマダムが説明してくれたけど、スペイン語がよくわからないせいでその説明もよく理解できなかった…。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA目隠し完了。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAなかなか当たりません。えーい!

OLYMPUS DIGITAL CAMERAギャラリーもおおはしゃぎ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAPiñataを操るfransiscoさんも楽しそう。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAお腹のなかからは、たくさんの飴がでてきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAありがとう、Piñata。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAお誕生日、おめでとうございまーす!

あるもので

駒ヶ根研修所のスペイン語クラスでは、
一人1回、自由なテーマを設定し50分間でプレゼンテーションするという授業がある。

私は環境教育隊員なので、普通だったらゴミとして捨ててしまうものを
再利用しよう!というテーマで、
エルサルバドルに限らず途上国でのゴミ問題を説明した上で、
みんなで実際に再利用するというワークショップをした。

語学学校の最後の授業もまた、
一人15分間、自由にプレゼンするというもの。
テーマはなににしようかなと歩いていたところ、公園を掃除するおじさまを発見。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAなんと手に持ってるのは、ヤシの葉(のようなもの)を乾燥させた手作りのほうき。前日の雨で散らかった公園を掃いていた。こちらの人は、使えるものは捨てないし使えそうなものは何でも使う。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA掃除をすると、気持ちがいいものです!

日本などの先進国は、国が主体となって
二酸化炭素の排出量を削減しようと躍起になっているけど、それはそうだと思った。

連日40℃近くを記録するスチトトに来て、クーラーのきいた建物には入ったことがないし、
掃除は掃除機を使わずほうきで、洗濯は手洗い、乾燥機なんてもってのほか。
電子レンジはあるものの、必要最低限の電化製品しかない。
これは家庭での話だけども、各家庭がこんなんだったら
全体としてのCO2排出量もそんなに多くはないのかな、なんて思う。

便利な生活に慣れると、「もっともっと」って欲張りになる。
「ない」ならないで、生きていくしかないのだ。
あったらいいけど、別になくても生きていけるんだから。

便利な生活を追い求めず、あるもので心を満たせたら、地球も私たちもうれしい。
これ以上、モノを求めずに社会がうまく循環するには、どうしたらいいのかなぁ。

なんて、公園のおじさんから学ぶのでした。

お葬式

語学学校のwilianのお父様が亡くなった。
寄生虫が内臓に入り、それが全身に広がったのが死因だそう。
手術をすれば助かる病気だったそうだが、
手術を担当する医者のスケジュールが合わなかった。

ご親戚、語学学校の先生たち、私たち生徒、町中の人が
お父様のご冥福をお祈りした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAエルサルバドルでは一般的な献花。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAお葬式を行う教会と霊柩車。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAお葬式が終わると、棺を霊柩車に乗せ、墓地まで参列者が歩いていく。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAお墓の前まで霊柩車が入り、葬儀屋、親族によってお墓の土を掘り起こし、土葬が行われた。

俺ら東京さ行ぐだ

すこし慣れたかな。
1ヶ月の壁も越えた気がする。
かつてJV(*)としてアフリカに行った同期いわく、
JVで派遣されてから、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月で壁を迎えるらしい。
言葉を変えれば、それはスランプとか、失望とか、現実逃避とか、孤独とかナントカ。

エルサルに来て、3週間が経った。
最初は興奮して、見るもの、聞くものすべてが新しく、
毎日ハイテンションだったわけなんだけども、
最近やっと落ち着いた。

というのも、語学学校に行ってる間は同期の日本人と接する機会があり、
日本語で好きなように話し、聞き、思うように自分の意思を伝えられていた。
平日は家に帰ればMarta家に行き、居候の身。
たった2日の土日を3回経験しただけだけど、
朝から晩までスペイン語の日々、新しいコミュニティに入ったときの孤独で
そこはかとない孤独を感じていたのだ。

でも、そうだった。分かっていたことだった。
孤独の向こうに、なにが自分のなかで「なにが芽生えるか」を見てみたかったのだ。
テレビもねぇ、ラジオもねぇ、(自動車はまぁまぁ走ってるが)なんにもねぇ世界で、
(実際にはテレビもラジオもあるが、早口でまくしたてられるスペイン語は聴きたくない)
自分の本質とは、生きるとはなにかを感じてみたかったのだ。

もちろん環境教育の活動があっての話ですけどね。

*JV
JOCV(青年海外協力隊)の略称のさらに略した言い方。訓練所では、JVとSV(シニアボランティア)という略称を使用していた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAお隣さんのニャンズたち。¡Que bonitas!

OLYMPUS DIGITAL CAMERAネットカフェ。別にコーヒーやお菓子はない。ネットやゲームが使えるお店。よくみると「CYBER」って書いてある。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA街のほぼ中央にある交番。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA左手にあるのは、ププサ屋。土日の夕方はたくさんの人が家族で集まる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAお土産屋さんもそろそろ撤収。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAおつかれさまでした〜。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA日曜の夜、街にはたくさん人がいて、ただぼーっと座ってたり、なにかを食べてたり、ベンチに座って話し込んでたり。のんびりとした雰囲気が広がる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAご近所のレストラン。いちおしは、やはりププサ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAププサ屋さん(Pupuseria:ププセリアという)その2。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAププサ屋さん、その3。女性たちがその場でコネて焼いてくれる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA普段の夕食。だいたいこういうものを食べる。奥から、トマト・ピーマンとソーセージと炒めたもの、右にあるのがフリホーレス(インゲン豆のペースト)、白いのはチーズ、緑の野菜はアボガド。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAMartaさん、いつもありがとう。

エルサルバドル

エルサルバドルは、中米大陸にある最も小さい国だ。
主要産業はコーヒーと砂糖栽培。
天然資源が乏しく、経済的には豊かな国とは言いがたい。
かつてスペインの植民地だったこともあり、公用語はスペイン語。
一部の高等教育を受けてる人、観光業に携わってる人は英語も少し話す。

2010年の失業率は、7.1%と言われているが、
実際には国民の58.6%が貧困層と言われており、
うち30.7%は比較的貧困に陥ってる人たち、27.9%は極限の貧困にある人たちだ。
エルサルバドル国民全体の平均所得は、$200〜350と言われているが、
貧困層の一ヶ月の平均所得は、前者が$148、後者が$114となっている。

中学、高校で適切な性教育がされてないこと、
また中絶は法律で認められてないことから、15歳前後で妊娠し出産する女子が多い。
さらに、父親となるべき男子は、パートナーが妊娠した途端に責任を放棄する人が後を絶たず、
この国には多くのシングルマザーがいる。

病院に行けば避妊具ももらえるが、思春期ということもあるせいか、
周りの目を気にして正しく避妊をしていない子供が多い。
若くして子供を持ち、第一子とは違う父親と結婚し、さらに子供をもうけるため、
子供が多くなる傾向にある。
これらも貧困から抜け出せない要因だろう。

また1980年〜1992年まで、左翼対右翼の内戦が続き、
約7万人が死亡、約50万人が住居と家を失った。
キューバ革命に続き、隣国の左翼革命を恐れた米国が
「共産主義の拡張を防ぐ」という立場で経済・社会援助を行い、
エルサルバドルを始めとする中米各国は、いまもアメリカの「裏庭」と呼ばれている。

エルサルバドル国内には十分な所得を得られる仕事が少ないこともあり、
アメリカや隣国に不法入国し、国内の家族に送金している例も多い。

内戦後約20年がたち、これから本当の意味で「豊かな」国になるだろうエルサルバドル。
そんな国で2年間、環境教育をしにいく私。

JICAの環境教育には、2種類あり、
一つは「グリーン系」と呼ばれる木や森などの緑、動物の保護に携わる仕事。
もう一方は、「ブラウン系」といわれ、廃棄物やゴミの分別に関わるというものだ。

私の職種は「ブラウン系」なので、廃棄物処理の関係者に適切な廃棄物処理を促したり、
小中学生にゴミの分別やゴミがない自然や街の美しさの大切さを伝えに
「環境教育」をしにいく予定だ。
どれだけ需要があるのか分からないのが実際のところだが…。

人々の「ゴミ」に対する意識を変えようなんて大層なことは考えてない。
この国では、道路がゴミだらけというのもあり、
「ゴミが落ちてるのに、なぜ捨ててはいけないの?」という理由のもと、
平気でゴミを捨てる人が多い。

そこに暮らす人が、少しでも美しい自然に感動し、
大切にしようと思えるきっかけになればと思う。
時間をかけて、世代交代したときに、「ゴミを捨てるのはいけないこと」という
誰でも、簡単にできる心がけが広まったらいいと思う。
それに、私自身が知らない土地で知らない言語を使えるようになるプロセスを通して、
成長できたらと思うのだ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAスチトト湖の西にある川へ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA長く、危なっかしい吊り橋をわたり、対岸へ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA雨期になれば川の水が増し、子供たちが遊ぶようになる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAかつての家。内戦により家のほとんどがなくなり、いまは木の根と見分けがつかないほど。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA森へ入っていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAたくましく枝葉を広げる木。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAかつての水源。内戦前、この近くに住んでいた人たちが使っていたそう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA川に咲く花。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA石をつたって、川を渡る。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA昔は子供たちがよく遊んでいたそう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA枯れた花でも遊び道具になる。これは飛行機。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA川から見る語学学校。右上の方にある。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA今日のスチトト湖はすこしガスがかかってる。

晴れの日、くもりの日、雨の日、嵐の日。
人の心だって、いろんな日がある。
天気はころころ変わるけど、それでも明日がくる。

雨や嵐の日に、少しでも晴れるきっかけがあるのは幸せなことだ。
それさえも分からなくなったときは、また一から探せばいい。
そのときが、新しい価値観が芽生えるチャンスだと信じて。

参考
・紺野昭雄、田中高『エルサルバドルを知るための55章』明石書店、2010年。
・外務省HP:エルサルバドル共和国 http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/elsalvador/data.html
・Pájalo flor校(語学学校)授業内でのプリント